So-net無料ブログ作成
検索選択

一人から二人暮らしになっての葛藤とそこから見えてきたもの


  このたび結婚し、夫と暮らし始めた。お互い10年以上一人暮らしを満喫してきた。付き合っていた時期は週に1,2回会う程度でいつも楽しい時間を過ごしてきた。まあ、だから結婚したわけで。。。
 私ももう38歳、甘い生活を夢見ていたわけではなかったが、思った以上の困難の連続だ。他人からしたらしょうもないようなことで喧嘩が絶えず、もう消耗戦である。たとえばお風呂に入る時間、食器の洗い方、おかずの内容。。。どうしてお互い歩み寄れないのだろう。私も色々な恋愛を経験し、ドラマチックな恋愛よりも落ち着いた結婚を求めて、夫と結婚したのに。。。人を見る目はある、と自負していたのに、本質は見抜けていなかった。。。見る目がなかった。。。と後悔の連続。
 どうしたら幸せになれるのだろう、と思っていたが今日実家に帰ってのんびり過ごし、母のやさしさに包み込まれていたら肩の力がすーっと抜けて楽になった。何か特別な言葉をもらったわけでもなく、話を聞いてもらったわけでもない、それでも実家から家に帰る道中涙がとまらなかった。暖かい涙だ。実家では私はずっと笑顔で暖かい気持ちですごすことができた。
 今回気づいたのは、人に幸せを求めるのではなく、自分が無償の幸せを与えれば、相手も幸せになり、その幸せがまた自分にかえってくるのだ、ということ。
 今まで夫に、自分の言う通りにしてほしい、という気持ちが強く、色々なことを要求しすぎていたのだろう。どこかで夫より自分の方が正しいのだから、私のいうことを聞いていた方がうまくいく、と思っていたところがあるのだろう。ということは謙虚さが足りなかったということだ。私は心理学を勉強し、お寺にも通い人間的にも成長した、縁を大切に、感謝の気持ちを忘れずに、ということを思っていたのに、いつの間にか夫を見下げ、感謝の気持ちを忘れてしまっていた。時々お皿洗いや庭の掃除、休みの日にはごはんも作ってくれるし、今日みたいに実感に帰るときも気持ちよくだしてくれる。。。良いところもたくさんある。だから結婚したんだ。と改めて思えた。またあしたから感謝と謙虚を忘れずに生きていきたい。妊娠初期・妊娠4週目の症状や気をつけること・必須の栄養素
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。